紛争鉱物プラットフォーム

WERCSmartプラットフォームを使用すると、製造業者および小売業者はサプライチェーンの川上から川下までのデータを収集したり、解釈したり、管理したりすることができます

紛争鉱物には、歯磨き粉から技術まで、幅広い製品に影響を与える隠された人道的コストが付随しています。 紛争鉱物の使用を根絶することを目指して規制が変化し、公開審査が増加するに伴い、製造業はサプライチェーン全体のリスク分野の識別、緩和、報告に関する複雑な問題に直面しています。 The WERCSmartプラットフォーム: 紛争鉱物は、包括的な意思決定サポートシステムであり、製造者と小売業者はこれを利用して、サプライチェーンの上流および下流のデータを収集、解釈、管理できます。 このスケーラブルなプラットフォームはドッド・フランク法のセクション1502で必要とされる原産国調査(RCOI)に関連するお客様のニーズをサポートします。 また、最大の米国小売業界の25社すべてに販売している7,400社の供給業者のために、450,000を超える製品UPCを管理しています。

本システムは、一貫性の下に効果的に上流の情報を管理し、下流の情報を報告する手段として、製造者にシステム内の供給業者から調査結果を回収させることによって、動作しています。 WERCSmartプラットフォームの追加機能: 紛争鉱物を利用することで、お客様は以下のことができます。

  • 要件の対象となる供給業者に対して、電子業界CSRアライアンス (EICC) 紛争鉱物アンケートを配布する
  • 調査結果および製錬業者の選択に基づいてハイリスクと分類された供給業者および製品のリソースにフォーカスする
  • 要求された情報へのアクセスを提供していない供給業者を追求するためにシステムから通知を受信する
  • 紛争鉱物不使用 (CFS) 製錬業者の使用を確認する
  • 効率を高めるためにプログラム活動を全体として報告する
  • 情報およびレポートを簡素化し、複数の顧客と共有する

デモのリクエスト

ニュースおよびトピックス

UL Regulatory Assuranceはサプライチェーンのデータ管理および化学物質コンプライアンスを支援します

世界中の複雑な規制の重みがあなたの肩にのしかかっています。 少なくとも、…

続きを読む

SDSオーサリング: GHSラベルに関するFAQ

Q: ラベルに記載する注意書きの数に制限はありますか…

続きを読む

コンプライアンスおよび化学物質データ管理の将来

規制要件は、新しい研究、安全性コンプライアンス、消費者の要求を反映して、しばしば変更されるので...

続きを読む

第2部 - グローバル規制のアップデート: GHSに何が起きているのか?

いくつかの注目すべき国/地域固有の化学物質規制に関する弊社の概説書第1部を入手していた場合...

続きを読む