危険有害性周知ソフトウェア

GHS準拠安全データシート (SDS) オーサリング、ラベリング、および配布ソフトウェア

すべての危険有害性周知ソフトウェアシステムが同じというわけではありません。 コンプライアンスソフトウェアを選択する場合、製造業者は実績を確認するためにプロバイダーを選別することが必要です。ソフトウェアは、グローバルで、ビジネス固有のニーズに合わせて構成可能、しかも成長および適用に十分な柔軟性を持つべきです。たとえば、最新のGHS規制に準拠するソフトウェアおよびプロトコルを実装すると、危険有害性周知の課題への取り組みを支援するだけでなく、サプライチェーンの効率を最大限にすることができます。

危険有害性周知基準(「労働者」の知る権利)は、社員および大衆を保護することが目的です。 人間が曝露する危険がある場合、HazCom基準では通知することを命令しています。

これらのガイドラインで念頭に置かれているのは、化学物質または製品の製造業者です。 多くの川下製品の川上供給源として、製造業者には、危険性評価を実施し、SDSドキュメント、適切な危険有害性周知ラベリング、および社員トレーニングを通じてリスクを周知させる責任があります。 手動プロセスは煩雑で信頼性に欠けるため、テクノロジー(具体的には、Safeware Quasar製品のWERCS eLiteおよびWERCS Studioなど、危険有害性周知ソフトウェアソリューション)が鍵となります。

デモのお申込み

 

WERCS Studio

UL The Wercsのフラグシップとなっている危険有害性周知データ管理ソフトウェアは、30以上のスケーラブルなモジュールで構成され、最も柔軟な自動化コンプライアンスソリューションを提供します。 オンサイトソリューション、またはホステッドソリューションのいずれであっても、このプラットフォームは、御社のニーズに合わせて、構築し、成長させていくことができる柔軟性を備えた物質データベースを中心に構築されています。


詳細 >

WERCS eLite

GHSその他地域固有の規制の課題を持つ中小企業は、法的コンプライアンスをさらに徹底できるようになります。eLITEでは、セキュアなウェブベースのプラットフォームを使用して、SDSドキュメントをシームレスに作成し、配布することが可能です。 更に、WERCS eLITEは、より小規模な企業のニーズと予算に適した規模で強力なソリューションを提供します。


詳細 >

UL Secure Connect

低コストのサブスクリプションベースのコンプライアンスオーサリングアプリケーション、UL Secure Connect (ULSC) には、規制部門の化学物質コンプライアンスへの対処方法を一変させる、機能とサービスの両方で柔軟性を備えた強力な機能が内蔵されています。 ULSCは、リクエストをWERCSmart®のプロフェッショナルサービスにセキュアに接続する、プライベートな危険有害性周知データベースです。 ユーザーが管理、配布、あるいはオプションで御社のERP/配合システム共有することができるようにするため、データとドキュメントの両方はプライベートデータベースに返されます。

詳細 >

ULGHS.comを使用するセルフサービスSDSオーサリング

ULGHS.comは、特に、化学物質含有製品を生産している中小企業に適した、この種では最初の、セルフサービスSDS (安全データシート) 自動化、GHS準拠SDSオーサリングソリューションです。

詳細 >

ニュースおよびトピックス

グローバル規制のアップデート: GHSに何が起きているのか?

昨年『分類およびラベル表示に関する世界調和システム第6版』が発行され...

続きを読む

第2部 - グローバル規制のアップデート: GHSに何が起きているのか?

いくつかの注目すべき国/地域固有の化学物質規制に関する弊社の概説書第1部を入手していた場合...

続きを読む

コンプライアンスおよび化学物質データ管理の将来

規制要件は、新しい研究、安全性コンプライアンス、消費者の要求を反映して、しばしば変更されるので...

続きを読む

SDSオーサリング: GHSラベルに関するFAQ

Q: ラベルに記載する注意書きの数に制限はありますか…

続きを読む