規制アドバイザリーサービス

グローバルかつ多様な規制、技術、業界エキスパートのアドバイス

規制アドバイザリサービスは、御社のビジネスリソースと原材料コンプライアンスにおいて増え続ける課題の間のギャップを解消します。

コンプライアンスの知識を増やす必要がある小企業でも、差し迫ったコンプライアンス期限のために緊急対応能力が必要な大企業でも、UL The Wercsは、お客様に必要な規制アドバイザリサービスを効率的に提供するために必要な規制および科学の専門知識、経験豊富なスタッフ、自動化システムを備えています。

ULの規制アドバイザリサービスは、御社のEH&S部門の延長として独特なサービスを提供することができます。 また、グローバル規制のエキスパートは、コンプライアンスを向上させると同時に時間とコストも節約します。 更に、WERCS Studioソフトウェアと調和した多数のコアサービスも提供しています。

詳しい情報を請求する

危険有害性周知サービス

化学物質規制コンプライアンスは、世界の地域によって異なります。 当社のグローバルなプロフェッショナルスタッフは、欧州、アジア太平洋地域、米国、カナダ、南米、ロシアなど、各地域の専門知識を持っており、御社のSDSドキュメントおよび危険有害性ラベルの作成、アップデート、分類、そして場合によっては翻訳も実施します。

御社のドキュメントは必ず、GHS、EU-CLP、その他のグローバルフォーマットなど、現地、国家、および国際の規格のすべてに準拠することが保証されます。 現在UL WERCSソフトウェアを使用しているお客様には、規制アドバイザリサービスは、御社のSDSドキュメント作成の完全自動化を実現できるように業界およびお客様固有の規則作成サービスを提供いたしております。

毒性リスク評価

安全で規制を遵守した製品を製造するための企業努力を明らかにします。 毒性リスク評価 (TRA) では、グローバル市場での受け入れを保証するために、御社の製品の健康および安全規格、ならびに規制へのコンプライアンスに関する重要なサマリを作成します。

詳細 >

水生毒性

規制アドバイザリのエキスパートは、御社と協力して製品の水生毒性の可能性を評価します。

REACH登録サービス

REACHに基づく義務の解釈は複雑であり、多くの企業が何をすべきか判断に困っています。 UL WERCSの規制アドバイザリサービスを利用し、コンプライアンスにとどまらず、適切なREACH登録の作成および維持のプロセスを簡素化してください。 コンプライアンスドキュメントおよび登録用の書類がすべての規制要件を満たしているか、高品質かつ完全か、あるいはECHA書類コンプライアンスチェックに合格するかどうかの確認はULの規制エキスパートに任せることによって、御社製品の市場投入時間が短縮され、コンプライアンス違反によるコストの発生を防止します。

詳細 >

予測毒性学

新しい化学物質でも、既存の化学物質でも、保健エンドポイントデータが欠落していることがよくあります。ULの規制アドバイザリサービスは、化学物質データの開発が必要な場合、動物実験を最小限に抑制し、効率的でコスト効果が高い方法で支援することができます。 当社の規制エキスパートは、化学物質有害性エンドポイントのデータギャップを自動的に解消できるように、予測毒性ツールとインターフェイスする革新的なテクノロジに関して企業をアドバイスすることができます。

詳細 > 

規制保証プログラム

GHSのような循環コンプライアンスが必要になることで、規制部門忙殺状態になることが多く、場合によっては予測できなかった労力や外注コストを強いられることもあります。 世界中で規制プロフェッショナルが不足しているため、企業に適切な人材がいない場合もあります。 ULの規制保証プログラムでは、当社の規制エキスパートと共同でカスタマイズした規制プログラムを作成することにより、あらゆる規模の企業が、人手不足の規制部門を運営できるようにします。

ULの規制保証プログラムは、ULの最も信頼できる国際規制エキスパートによって、グローバル化学物質コンプライアンスの管理に対し、最も効率的で正確なコスト効果の高いアプローチを提供します。

詳細 >

ニュースおよびトピックス

グローバル規制のアップデート: GHSに何が起きているのか?

昨年『分類およびラベル表示に関する世界調和システム第6版』が発行され...

続きを読む

第2部 - グローバル規制のアップデート: GHSに何が起きているのか?

いくつかの注目すべき国/地域固有の化学物質規制に関する弊社の概説書第1部を入手していた場合...

続きを読む

コンプライアンスおよび化学物質データ管理の将来

規制要件は、新しい研究、安全性コンプライアンス、消費者の要求を反映して、しばしば変更されるので...

続きを読む

SDSオーサリング: GHSラベルに関するFAQ

Q: ラベルに記載する注意書きの数に制限はありますか…

続きを読む