グローバル規制のアップデート: GHSに何が起きているのか?

カテゴリ: Featured May 31, 2016

昨年『分類およびラベル表示に関する世界調和システム第6版』が発行されましたが、疑問や混乱は解消されていません。 実装は任意であり、特定の国に固有の化学物質規制に対応したビルディングブロックセットとして作られているので、採用の範囲は大きく異なっています。 そのため、規制コンプライアンス部門がコンプライアンスを維持することが非常に難しくなっています。 規制コンプライアンスサービスおよびオートメーションツールの主導的なプロバイダーとして、微妙に変化するグローバル環境でトップを維持し続けることは弊社の使命です。 こちらにいくつかの注目すべき国/地域固有の化学物質規制のアップデートに関する弊社の概説書第1部があります*。 こちらにある第2部を読んでください。

米国、カリフォルニア州

  • Proposition 65は現在改訂中
  • 議会は最近、第6条の修正案「明確で合理的な警告」を発表
  • 修正案では警告の有意味性を改善するために現在の「許容領域」メッセージを変更する可能性がある
  • 制定されると、企業には準拠するまで2年の猶予が与えられる

カナダ

  • 2015年2月、GHS導入を目指す「WHMIS 2015」が発効
  • これらの修正案には、次の3つの主要な規制 危険製品法(HPA)、有害製品規則(HPR)、および危険有害性物質情報審査法(HMIRA)が含まれている
  • 修正案はGHSリビジョン5に基づいているが、いくつかの特別な追加/留意事項がある
  • ラベルおよびSDSは英語およびフランス語の併記が必要(SDSは2つのドキュメントに分かれてもよい)
  • 2017年5月31日まで供給業者(製造者または輸入業者)は、WHMIS 1988またはWHMIS 2015を使用することができる
  • 詳細および完全なスケジュールについては、こちらをクリックしてください

メキシコ

  • メキシコに化学物質管理システムがあるかどうかは不明だが、2013年1月には国家化学物質インベントリ(INSQ)が発表されている(それを支える法的フレームワークは存在しない)
  • メキシコは「リビジョン5」に基づいてすべてのGHSビルディングブロックを採用したが、これは2018年10月に発効する
  • 微細な変更: ユーザー/読者のラベルからの想定距離に基づいた、GHS絵文字のポイントサイズに関する要件がある

弊社のアップデート第2部に記載したEUおよび中国によるGHS関連のアップデートを参照してください。

これらの規制に対処して、危険情報伝達を自動化するために、弊社の支援が必要ではありませんか?今すぐ弊社にご連絡ください

 

*提示した情報が正確であることを保証するためにできる限りの努力はしていますが、コンテンツについての保証はなく、いかなる目的に対してもこのような情報の合目的性およびすべての保証は免責事項になります。 法律および規制は頻繁に変更されます。 常に関連性のある原本の規制基準を読んで、コンプライアンス要件を調べてください。 契約に基づく行為、過失またはこの情報の使用またはパフォーマンスに関連して発生するその他の行為のいずれに基づくものであっても、特別、 間接的、または派生的な損害、あるいは収入または利益の損失に起因する損害に対して、いかなる場合でも著者は責任を負いません。

免責事項

UL従業員およびそのゲストの個人的な意見が含まれています。ULのクライアント、供給業者、または他の関係者の意見を表していると誤解しないようにしてください。