WalmartはUL The Wercsを使って製品を分析し持続可能性を推進する

カテゴリ: 顧客事例トピック持続可能原材料調達ガイダンス 2016年6月6日

1962年創業のWalmartは、世界最大の日用雑貨品および食料品のプロバイダーの1つになりました。 毎年4,000億ドルを越える年度売上高があるWalmartは、28カ国で200万人を越える従業員を雇用しています。 Walmartの企業目標の1つは、人と環境を持続させる製品を販売することです。 Walmartは、モーターオイルから洗濯用洗剤まで、多彩な化学製品ラインを販売しています。 Walmartの課題は、これらの製品を精査して、コストおよび効能を念頭に置きながら、製品に含まれる化学物質の持続的な改善方法を見つけることです。 Walmartには、詳細情報を評価しながら、供給業者の化学物質配合の安全性を保つ、製品の成分を調べる手段が必要でした。

 

ソリューション

化学物質配合分析のニーズに応えるため、Walmartは2006年にGreenWERCSを使い始めました。 GreenWERCSは、化学物質ベースの製品の「グリーン」度を判定するために作られた自動化ツールです。 このツールは供給業者から配合データを収集して、Walmartに規制情報を提供することができました。 2008年、製品の成分を、Walmartの利害関係者グループである化学物質集約型製品ネットワークが選択した化学物質グループのリストと比較する、別種の分析を開始するために、GreenWERCSが選択されました。 Walmartは、GreenWERCSが既に収集した情報を利用して、選択したCMRおよびPBTのリストから結果を見ることができました。また数値スコアは400,000を越えるUPCから導き出されました。

 

アクション

2009年、GreenWERCSは供給業者が利用できるようになりました。 現在、供給業者は自社製品を見て、誤った情報があれば訂正したり、成分を改善したりすることで、総合的な結果を改善することができます。 GreenWERCSツールは、化学製品の持続可能性を評価するための基盤となり、より広範囲のより強力な持続可能性指標とするために、他の重要な持続可能性属性とともに使われるようになりました。

 

UL規格について

配合内の化学物質の健康および環境特性を容易に評価することができます。 GreenWERCSソフトウェアは、独自の基準または業界認定の基準のいずれかを参照して、成分を短時間で評価します。

 

グリーン評価へのユーザー定義のアプローチ

GreenWERCSの最も独特な機能は、ユーザー定義の構成です。

より安全な化学に関して各組織には独自の基準があるので、GreenWERCSでは、ユーザーが組織の拡大し続ける持続可能性要件に基づいて、独自のアルゴリズムを容易に開発できるようにしました。

最終的に、GreenWERCSは、変化し続ける規制および法律環境に適合する動的なツールになったので、組織は安全に関してコミットし続けることができるようになりました。

免責事項

UL従業員およびそのゲストの個人的な意見が含まれています。ULのクライアント、供給業者、または他の関係者の意見を表していると誤解しないようにしてください。