第2部 - グローバル規制のアップデート: GHSに何が起きているのか?

カテゴリ: トピックグローバルSDS、危険有害性ラベル表示、およびGHSコンプライアンス 2016年5月31日

GHSに関連するいくつかの注目すべき国/地域固有の化学物質規制のアップデートに関する弊社の概説書第1部を入手していた場合、こちらに戻ってきたことを歓迎します。 この第2部では、EUと中国*について見ていきます。

欧州

  • 1967年から元の化学物質インベントリがREACH規制に置き換わった
  • デッドラインが2018年5月31日の「1年に1トン」の要件を除けば、これらの規制のデッドラインは既に過ぎている
  • 物質および混合物の分類、ラベル表示、および包装(CLP)に関するEU規則はGHSリビジョン4に基づく
  • EU固有のフレーズを含む
  • 必須言語は国ごとに異なる

中国

  • 中国はGHSリビジョン4を採用し、2008年に実装を開始した
  • 2013年、吸入性危害物質やオゾン層など、28項目の新しい分類基準が追加された
  • また、化学製品の安全性データシートの取りまとめに関するガイドライン(GB17519-2013)もある
  • 輸入品は港に到着する前に、簡体字中国語でラベルを表示する必要がある
  • 「70パーセント規則」によれば、配合の成分の70パーセントが有害化学物質のカタログにリストされている場合、登録およびライセンスが必要になる

弊社のアップデートの第1部に記載した他のGHS関連のアップデートも参照してください。

これらの規制に対処して、危険情報伝達を自動化するために、弊社の支援が必要ではありませんか?今すぐ弊社にご連絡ください

 

*提示した情報が正確であることを保証するためにできる限りの努力はしていますが、コンテンツについての保証はなく、いかなる目的に対してもこのような情報の合目的性およびすべての保証は免責事項になります。 法律および規制は頻繁に変更されます。 常に関連性のある原本の規制基準を読んで、コンプライアンス要件を調べてください。 契約に基づく行為、過失またはこの情報の使用またはパフォーマンスに関連して発生するその他の行為のいずれに基づくものであっても、特別、 間接的、または派生的な損害、あるいは収入または利益の損失に起因する損害に対して、いかなる場合でも著者は責任を負いません。

免責事項

UL従業員およびそのゲストの個人的な意見が含まれています。ULのクライアント、供給業者、または他の関係者の意見を表していると誤解しないようにしてください。