物質含有量追跡

物質含有量追跡モジュールを使用してREACHに準拠

弊社のエキスパートチームは、REACHコンプライアンスを達成するために標準化プロセスに深く関与してきました。 この専門知識と貴重な知識は、数量トリガーおよび定義済みのスケジュールに基づいてREACHコンプライアンスの達成を実現する、弊社の物質含有量追跡ソリューションに活かされています。 この直観的なソフトウェアモジュールおよびプロセスは、組織が以下の作業を容易に実施できるように支援まします。

  • ヨーロッパで製造または輸入されるすべての化学物質について、物理属性、化学属性、毒性、および生態毒性を把握する
  • これらのデータを堅牢な分析ツールと最新の規制データを使用して分析することにより、意思決定を実施する
  • ヨーロッパ、米国、カナダ、日本、および韓国向けのレポートを設計する

詳しい情報を請求する


機能

会社全体で物質含有量追跡ソリューションを実施することは容易ではありません。 手動、半自動、完全自動のいずれのソリューションで実施するにせよ、このプロセスには、製品の資材明細書のデータを集計し、それを販売/出荷の注文と照合し、最後に情報を現地の法規制に従って報告する作業が伴います。 The Wercsが自動化したSVTソリューションには、現地の法規制あるいは地域とは無関係にシームレスに正確なレポーティングを行う2ステップのプロセスがあります。 まず最初に、御社のERPの資材管理トランザクションをWERCS DTE (データ変換エンジン) に統合します。 次に、The WERCS SVTモジュールを使って、グローバルな規則および規制を最上位に配備します。 SVTモジュールを使用すると、REACHや社内業務規定など、さまざまなコンプライアンスニーズに合わせて報告書をカスタマイズすることができます。

向けの報告書の設計

欧州

  • 欧州連合の化学物質の登録、評価、認可、および制限 (REACH)
  • 高懸念物質 (SVHC)

米国

  • EPA TSCA化学物質データレポーティング (CDR) 規則
  • EPA TSCA重要新規利用規則 (SNUR)
  • 麻薬取締局/化学兵器など、その他の含有量追跡報告書

カナダ

  • 非国内物質リスト (NDSL)
  • 国内物質リスト (DSL)

日本

  • 化学物質管理法 (CSCL)

韓国

  • 韓国毒性化学物質管理法 – 化学物質の登録、評価、認可、および制限 (REACH)

ニュースおよびトピックス

UL Regulatory Assuranceはサプライチェーンのデータ管理および化学物質コンプライアンスを支援します

世界中の複雑な規制の重みがあなたの肩にのしかかっています。 少なくとも、…

続きを読む

SDSオーサリング: GHSラベルに関するFAQ

Q: ラベルに記載する注意書きの数に制限はありますか…

続きを読む

コンプライアンスおよび化学物質データ管理の将来

規制要件は、新しい研究、安全性コンプライアンス、消費者の要求を反映して、しばしば変更されるので...

続きを読む

第2部 - グローバル規制のアップデート: GHSに何が起きているのか?

いくつかの注目すべき国/地域固有の化学物質規制に関する弊社の概説書第1部を入手していた場合...

続きを読む